これはどうでしょう?

アクセスカウンタ

zoom RSS 「夜回り先生」の講演

<<   作成日時 : 2008/03/08 22:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

夜回り先生こと水谷修さんの講演を昨日聴く事ができた。
メディア露出も多く有名な方のようだが、わたしはよくは存じ上げなかった。
横浜の夜間高校の教員で(だった?)、深夜徘徊している少年少女と対話するために始めた夜間パトロールを16年に渡って続けてきた方だそうだ。

暴走族の少年。
ヤクザの世界から足を洗おうとして白骨死体で戻ってきた少年。
シンナーや覚醒剤に蝕まれた中高生。
AIDSに冒されて十代でこの世を去った少女。

語られる壮絶なエピソードが、実体験に裏打ちされているからなのだと思うがなんというという迫力。
しかし先生の語りは決して力まない、淡々と語ってくれている。90人以上の教え子の死を看取ってきたという。
すべてを受け止め、今も尚、病んだ少年少女たちを救うために奔走している。
理想とか信念だけで人間はここまでできるものなだろうか。
彼を動かしているのはなんなのだろう?

この日は地域の中学校の体育館で行われた。
出席した多くの人たちは寒い中を歩いたり自転車とかで来ていて、「つまらん話だったら寒いし、
眠れないし・・どっかで帰ろうかなあ」などと思って座っていた人もいたはず。わたしも、その一人なんだけど。
しかし2時間半の講演の終了後、湧きおこった拍手は、そんな聴衆のなにかを動かした証だったのだろう。
私もいろいろな講演を聴いてきたが、ここでこんな素敵な男の話が聞けたこと、日本にもまだこういう人がいることが判り嬉しい。
頭で考えた論理ではなく、実体験に基づいた真実はとてつもなく重いものだった。
日本の国のこと、そしてこの国に住むこどもたちの未来を救うために身を捧げた人の真実の訴え・・・。

いい1日になった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「夜回り先生」の講演 これはどうでしょう?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる