これはどうでしょう?

アクセスカウンタ

zoom RSS 振り込め詐欺と国交省の車購入入札の談合は

<<   作成日時 : 2008/07/25 17:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年の振り込め詐欺の件数が

どうやら昨年を越えたらしいです。

今年の特徴は『還付金』で件数が釣り上がっているようです。

くれぐれも詐欺には注意しましょうね。

警察関係者も対策をいろいろ考えていて、

ATMの近くを
携帯電話の『圏外』にする機器を設置するとか、

マスク、サングラス、帽子着用者の
ATM操作禁止などアイデアは出ているようです。



話はころりと変わります。

同じ日の新聞に、
国交省の車両購入時の談合疑惑で
公取委が天下り先3社を立ち入り検査したという
記事が掲載されています。

要約すると、

国交省が使う公用車の運転・管理業務を
天下り先3社が独占的に受注している。

その3社とは
日本道路興運(東京、日本道路)、
日本総合サービス(同、日本総合)、
北協連絡車管理(札幌市、北協)

で各社が談合に関与したようなので、
公取委が独禁法違反(不当な取引制限)容疑で
それぞれの本社や営業所を立ち入り検査した。

2003年度ごろから、

国交省の
地方整備局、
国道事務所などが発注する公用車業務の入札で、
事前に受注予定業者を決めたらしい。

落札業者が入れ替わることもほとんどなく、
美味しいお仕事を続けていたんですから、

ほんといい環境ですよね。

そして、なんとこの会社には今年2月現在、

日本道路には25人、
日本総合は16人、
北協は14人

の国交省OBが在籍していて、
500億円の受注があったとか・・・。


なんだそうです。
これでいいのでしょうか?


天下り役員だらけの法人で発生しているのに、

発生源対策は全くやっていないんです。
関係者に厳重注意をして、ちゃんちゃん

これじゃ、まだまだ似たようなことが
必ずおきますもの・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
振り込め詐欺と国交省の車購入入札の談合は これはどうでしょう?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる