これはどうでしょう?

アクセスカウンタ

zoom RSS 教科書に竹島は日本の領土だと書くことで反発が起きている件。

<<   作成日時 : 2008/08/06 10:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今朝の新聞に小さく韓国の駐日大使が戻ってきたことを
書いた記事が載っていた。

3週間本国に戻っていたようだ。

これは7月初めに「中学校社会科の新学習指導要領の解説書」に、
韓国が領有権を主張する竹島を「我が国(日本)固有の領土」と明記
したことから一連の流れが起きて、大使が帰国するという事態までになった。

これに関して韓国の著名人が過去に、以下のコメントを残している。

今の状況を一言で整理するなら、現政権が、解決できない問題を解決できる
問題であるかのように浮上させて自分たちが民族主義を代弁する勢力である
かのように国民を欺いている形です。

例えば独島問題は歴代政権が解決できないから不問に付していた問題です。
率直に言って、独島関連資料は日本の方がたくさん持っています。日本は
1905年に既に独島に対する国際的認定を受けているからです。我が国は
現実的に領有しているというだけです。もしこの問題が国際司法裁判所に
行ったら、当然文献と証拠をたくさん持っている日本が勝つことになります。
現政権がこの問題を国際司法裁判所に持って行かないのも、このためですね。

1つの肉をめぐって2匹の犬が争っていると考えてみましょう。
1匹が先に肉をくわえたらすぐ逃げだして食べればよいのであって、
肉を奪おうとする他の犬を見て吠えたらどれほど愚かなことですか?
独島問題の解法は、口をつぐむことです。我が国は実質的に独島を
領有しているのだから、心配することはないんですよ。しきりに騒げば
むしろ損になるのに、現政権がしきりに論争の種にするのは、非愛国的な、
ある意味では売国的な行為です。

ソウル大学 安秉直(アンビョンジク)名誉教授(経済史学者)           

簡単にまとめれば、

 「韓国は武力で日本人を殺して、日本の領土を奪い、
  武装警官により実効支配を実現し、違法に居座っている」


というんじゃなくて、

  「裁判もせずに逃げようとしている」

ということなんだとか。


日本は、1905年に竹島は日本国の領土であると宣言しています。

韓国は、1952年4月28日のサンフランシスコ講和条約発効直前に、
国際法違反を承知で公海上に李承晩(リショウバン)ラインを設け、
実力行使で竹島を奪って以来、竹島は韓国領土と勝手に言い張っているだけ。

つまり法律的にも竹島は日本の領土であり、韓国の竹島占領は法律違反なんで
法治国家ではこういう行為を犯罪と呼んでいます。

 
だからこそ印象操作に必至になっているのだろうね。
彼らはまともにやったら日本に勝てないから、日本国内から竹島を譲るような
風潮になるようにどうにか誘導したいんだと私は思う。

そして時間を稼ぐと同時に怪しげな証拠モドキを捏造している
と言う人も数多くいるが、これは事実だと直感できますでしょう。

私の意見は竹島は間違いなく日本の領土だと思うタイプなので
そのことは教科書に書いておかなければならないことだと
思っています。

日本では比較的関心がうすい「竹島」ですが、韓国の理不尽な
言動を是正させるためにも、はっきりした意思表示はすべきです。

総理大臣が「今、関係省庁で協議をしている。全体を考えて、総合的に判断する」
などとうわ言を言ってる場合じゃないように思うんですが、どうでしょう?

親韓国、親朝鮮派の方がコメントしてくれないかなあ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
教科書に竹島は日本の領土だと書くことで反発が起きている件。 これはどうでしょう?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる